プラネタリウム

ALMA まだ見ぬ宇宙へ

プラネタリウムB

©国立天文台
©ALMA(ESO/NRAO/NAOJ)
©Y. Hezaveh et al.

上映期間
2014年6月14日(土)~11月16日(日) ※2014年11月4日(火)は機器メンテナンスのため休館いたします。
※2014年11月17日(月)~11月20日(木)は作品入れ替えのため休館いたします。
上映時間
11時・15時の回(約40分間上映)
チケット
料金
大人:1,100円、こども(小中学生):500円、幼児(4才~):400円、シニア(65才~):900円 ※2014年6月14日より、一部料金を変更させて頂いております。
内容
迫力の映像
天文の解説
癒し
オススメ対象
カップル
星座ファン
お子様
★ 人類史上最大の国際プロジェクト ★
2013年3月、人類の科学と英知が結集された電波望遠鏡が本格稼働しました。その名はALMA (アルマ)。
南米チリのアタカマ砂漠、標高5000メートルの地に誕生したALMAは66台のパラボラアンテナを駆使して、人類が見たことの無い宇宙の姿を鮮明に描き出します。
このプロジェクトは、国立天文台を代表とする東アジア、米国国立電波天文台を代表とする北米連合、ヨーロッパ南天天文台を代表とするヨーロッパの国際共同プロジェクトです。
「ALMA まだ見ぬ宇宙へ」は、この人類史上最大の国際プロジェクト『アルマ電波望遠鏡』の挑戦の全貌を紹介します。
★ なぜたくさんのアンテナがあるの? ★
ALMAでは、66台のパラボラアンテナが直径18.5Kmの広さに配置されています。なぜ、そんなにたくさんのアンテナが必要なのか?
なぜ、そんなに広いのか?
作品では、映像を駆使してALMAのしくみを丁寧に解説します。
ALMAで科学者たちは何をしようとしているのか、どんな技術が使われているのか、知れば知るほど好奇心でいっぱいになります。
★ 人はどこまで宇宙を理解できるのだろう。★
ALMAがとらえたデータから、科学者たちは美しい宇宙の姿を描き出しました。星誕生の謎、生命誕生の神秘に迫るALMAの能力を、美しいアタカマの大地、そして星空の映像と共にお楽しみください。

また、プログラムの前半では坂本真綾さんナレーションの「Autumn Sky 秋の星空案内」をお送りします。

上映中止・追加情報はスケジュールをご確認ください。

上映スケジュール

“満天”オンライン予約

関連情報

アルマ望遠鏡について詳しく知りたい方はこちら
国立天文台 アルマ望遠鏡|宇宙への挑戦

ページトップへ