南極ヒーリング
~この地球(ほし)の果てで~

ヒーリングプラネタリウム

チケット購入はこちら

上映期間
2015年12月1日(火)~2016年9月4日(日)
上映時間[1]
2016年6月4日(土)~2016年7月22日(金)14時・16時・18時・20時の回(約50分間上映)
上映時間[2]
2016年7月23日(土)~8月31日(水)14時・16時・18時・20時・21時の回(約50分間上映)
上映時間[3]
2016年9月1日(木)~9月4日(日)14時・16時・18時・20時の回(約50分間上映)
チケット
料金
芝/雲シート 一律:3,500円 ※芝/雲シートは、1シートで2名様分(小学生以上)の料金を含んでいます。 一般シート 一律(小学生~大人):1,500円 ※プログラムの性質上、小学生未満のお子様の入場はご遠慮ください。 ※ご購入いただいたチケットは、いかなる理由についても取替・変更・キャンセルはお受けできません。
注意事項
プラネタリウムという施設の特性上、上映開始後の入場はお断りしております。
オンライン予約の方は入場用QRコードをご用意の上、検札所にお越しください。

内容

  • 星空・星座
  • 迫力の映像
  • ファンタジー
  • サイエンス
  • 癒し
★ 澄みわたる夜空に輝く南十字星 ★
世界七大陸の中で唯一どこの国にも属していない場所、南極。過酷な気象条件が人類を遠ざけてきた氷の大陸には、昔のままの雄大で美しい自然環境が残されています。
この作品では、南極で見られる宝石のように美しい星空や、群青色に透き通った湖の映像など、神秘的な世界を存分にお楽しみいただけます。
静寂に包まれて感じる“癒し”、非日常の世界で解放される“感覚”を是非ご体感下さい。
★ 南極をイメージしたオリジナルアロマ ★
ヒーリングプラネタリウムでは、作品のテーマに合わせて調合したオリジナルアロマが香ります。
今回は、南極の凛とした透明感をジンジャー、マージョラム、ライムのブレンドで表現した“ほのかに甘い香り”、そして、南極の湖底に眠る森をイメージし、スズランにモミなどの針葉樹の葉の香りをブレンドした“爽やかな香り”がドーム内を包み込みます。
ナレーションは女優の多部未華子さん。静謐(せいひつ)な雰囲気の作品にぴったりの透明感あふれる声で、未知なる南極の世界へといざないます。

ナレーター

多部未華子(たべ みかこ)

多部未華子(たべ みかこ)

1989年1月25日生まれ、東京都出身。血液型O型。
幼い頃から女優を志し、2002年にスカウトされて芸能界入り。同年、ビジュアル系バンド“Janne Da Arc”のミュージックビデオ『Rainy/愛の調べ』に出演して女優デビューを飾る。05年には長澤雅彦監督の青春映画「青空のゆくえ」も公開され、この2作でブルーリボン賞新人賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞するなど、一躍注目の的となる。09年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』のヒロインを好演し、10年度にはエランドール新人賞受賞するなど、今後の活躍も注目される本格派若手女優。

official web site

撮影/監修協力

田邊優貴子(たなべ ゆきこ)

田邊優貴子(たなべ ゆきこ)

1978年、青森市生まれ。小学生の頃、テレビで偶然目にした極北の地に憧れを抱く。大学4年の時、真冬のアラスカ・ブルックス山脈麓のイヌイットの村で過ごし、その思いは揺るがぬものとなる。バックパッカーとして世界を旅したが、人間が暮らしているのと同じ地球上とは思えない圧倒的な自然と、そこに暮らす生き物の姿に魅せられ、極地をフィールドにした生態学者となる。研究のかたわら、地球やそこに息づく生命の素晴らしさを伝えるべく講演や執筆活動を行っている。これまで南極に5回、北極に4回野外調査に赴いた。
ナショナルジオグラフィックWeb版にて「南極の凍った湖に潜って原始地球の生態系を追う」連載。
著書に「すてきな 地球の果て」(ポプラ社)、「北極と南極 -生まれたての地球に息づく生命たち-」(文一総合出版)。

香りの演出

吉武 利文(よしたけ としふみ)

パフュームデザイナー・香りのデザイン研究所 所長。別府大学客員教授。
1955年東京生まれ、慶応義塾大学文学部哲学科美学美術史を卒業。1981年香りの教室「クチュール・パルファン・スクール」に入学、同年インストラクターとなる。
現在、各種施設・イベントにおける香りの演出・プロデュース、香りのコンサルなど、香りに関する活動を展開。プラネタリウムの香りのプロデュースでも、2005年の夏より“満天”のヒーリングプラネタリウムを担当している。

もっと詳細を見る

ページトップへ